トップバリュー石英フレキシブル加速度計

 

HQA-J1TR石英-フレキシブル加速度計は、品質を検出して外部加速度信号を検出する単軸トルク反応式加速度計で、サーボ回路によって復調・増幅され、最終的に電流信号を出力します。加速度信号に比例します。 それは航空宇宙の高精度のナビゲーションシステムのために広く使用される。

機能

  • 高温抵抗
  • 振動と耐衝撃性
  • 小容量と軽量品質
  • 広い電圧供給、低消費電力
  • アナログ信号出力
  • フランジマウントまたはラウンド組み込み取り付け

技術仕様

技術的なパフォーマンス
  J1TR-I J1TR-II
範囲(g) ≥±30 ≥±30
しきい値 (g) ≤5×10-6g ≤1×10-5g
バイアス (K0)(mg) ≤±2 ≤±5
温度ドリフト(φ/°C) ≤20 ≤50
1ヶ月の包括的誤差(1σ)(μg) ≤20 ≤60
3ヶ月の包括的誤差(1σ)(μg) ≤50 ——
スケール係数(K1)(mA/g) 1.1~1.6 1.1~1.6
温度ドリフト(ppm) ≤20 ≤50
1ヶ月の包括的誤差(1σ)(ppm) ≤20 ≤60
3ヶ月の包括的誤差(1σ)(ppm) ≤50 ——
非線形係数(μg /g2) ≤15 ≤40
ミスアライメント角(ラッド) ≤1 ≤2
自然周波数(Hz) ≤800 ≤800
バンド幅(Hz) 800~2500 800~2500
ノイズ(μg-rms)@(0-10000Hz) ≤3000 ≤3000
動作温度(°C) -45~+70 -45~+70
重量(g) ≤70 ≤70

HQA-Tシリーズ高温石英-フレキシブル加速度計は、品質を検出して外部加速度信号を検出し、サーボ回路によって復調・増幅し、最後に出力する単軸トルク反応式加速度計です。加速度信号に比例した電流信号。

航空宇宙および石油掘削傾斜計または地質探査システムの高精度ナビゲーションシステムに広く使用されています。

モジュールタイプ:HQA-T135、HQA-T160、HQA-T185

我々について

青島ZITNテクノロジー社は、2002年に経験豊富なエンジニアチームによって設立され、青島市のハイテクゾーンに位置し、加速度計、I/F、電源製品、テレメトリセンサー、集積回路設計、マルチチップパッケージング、テストなどの慣性ナビゲーション技術のフル製品ラインを開発し、販売しています。 この製品は、現代の防衛産業、エネルギー掘削、インテリジェント輸送、工場の分野で広く使用されています。

「誠実さ、集中力、革新的、ウィンウィン」のコアバリューと、「アクティブで、進取的で独創的で自己培った」という精神を守り、国家の科学技術の発展、社会に迫る知性の発展に努めています。